18th 2月 2010

税金に関するニュース紹介

国会で与野党の質疑応答が続いていますが、法人税や消費税に関する税制について気になるニュースがあったのでご紹介しましょう。

~菅財務相「消費税含めた税制議論、3月に開始」~
(2010年2月15日|読売新聞より引用抜粋)
 菅財務相は14日、都内で記者団に対し、「所得税、法人税、消費税など、税全体の議論を3月に政府税制調査会で始める」と述べた。

 鳩山首相の了承も得ており、議論開始が鳩山内閣の総意であることを強調した。菅財務相は、予算の無駄削減を優先し、消費税論議は2011年度以降とする方針を示していた。だが、財政の危機的状況を無視できなくなり、議論の前倒しに方針を転換したといえる。
-----(以下省略)-----

民主党は昨年夏の衆議院選挙の政権公約で消費税率を4年間は引き上げないと明記していますから、「議論を始める」ということなのでしょうが……。不況で法人税が増えることは期待できません。特に、かつては年間の利益が2兆円を超えたトヨタ自動車がリコール問題で躓いてしまっています。法人税の落ち込みも心配ですが、その影響が個人の消費活動にまで影響を与えると景気回復まで遠のいてしまいます。

しかし、財政をこのまま放っておけば国が破綻してしまう可能性が高いのですから、早急に議論を始めて、法人税減収を補うべき施策を実施するべきだと思います。安易な消費税率アップは論外ですが、オープンな議論を重ねて国民の理解を得る努力をした末の増税はいたしかたないのではないでしょうか。

Comments are closed.